エポスカードは海外留学で本当に使える?海外保険の利用条件、紛失時のサポートなど気になる情報を解説!

本記事では、海外留学でエポスカードは本当に使えるのか?海外旅行保険はどうやって利用できるのか?もしも海外で失くしたり、悪用されたらどうすればいい?といったよくある質問に対して、解説をしています。

 

「エポスカード、気になってるけど本当に留学で使えるか不安…」「悪用されない?大丈夫?」など気になっている方はぜひご覧ください。

 

エポスカードの基本情報

年会費無料
最短発行・お届日数最短即日発行、受け取り可(マルイ店舗)
海外旅行保険あり(自動付帯)
ブランドVISA

 

エポスカードの年会費は永年無料!

エポスカードの年会費はずっと無料です。

 

クレジットカードによっては、初年度のみ無料や、途中で年会費が上がったりすることもありますが、条件など無く無料でカードを持てるのはエポスカードの強みです。

 

エポスカードは世界で使えるVISAブランドだから安心

海外留学などでクレジットカードを使う場合、カードブランドにも気をつけなければいけません。

 

世界でのブランド別シェア(普及率)で見ると、VISAが世界No.1、それについでMastercardとなっています。

 

日本発のカードブランドJCBも、行く国や場所によっては優遇サービスが受けられたり、お得な面もありますが、VISAやMastercardに比べると使える店舗が少ないことにも注意が必要です。

 

エポスカードは、世界1のシェアを誇るVISAブランドなので、安心して海外留学でも使うことができます。

 

↓エポスカード(VISA)のお申し込みはこちら

エポスカード

 

海外でキャッシングはできる?やり方、ATMの見分け方

エポスカードで海外キャッシングは可能です。キャッシングができる人は「20歳以上のエポスカード会員」という条件があります。

 

海外の「Visa」「PLUS」マークが付いているATMから最大24時間利用可能です。

海外の対応ATM一覧はこちらから検索できます

>> 海外ATM一覧(Visaの公式英語サイト)

 

エポスカードの申込み時にキャッシング枠をつけるかどうか選ぶことができるので、海外留学や旅行などで必要な方は申込時にキャッシング枠にチェックをしておきましょう。エポスカードの発行後にキャッシング枠を申請することも可能です。

 

海外旅行保険は自動付帯!

海外留学を考えている方に魅力的なサービスとして、エポスカードには海外旅行傷害保険が付帯しています。

 

これは最大で90日間まで病気や怪我を補償してくれる保険サービスです。

 

海外保険が付帯しているクレジットカードは他にもありますが、保険の適用に条件がある手動付帯(出国までの交通費をカードで支払う必要があるなど)のカードが多いです。

 

エポスカードはカードを所持しているだけで保険が適用される自動付帯なので、何も気にせず海外保険を利用することができます。

 

↓エポスカード(VISA)のお申し込みはこちら

エポスカード

 

留学後や社会人になってもカードを使い続けられる?

はい、エポスカードは卒業後、社会人になってもそのまま使い続けることができます。年会費も変わらず無料のままです。

 

もしさらに充実したサービスを希望の方は、エポスゴールド、プラチナカードといったランクが上のカードもあるので、そちらに申し込むことも可能です。

 

もし海外でカードを紛失、盗難にあったらどうすればいい?連絡先、方法

エポスカードでは、海外でカードを紛失、盗難にあった場合も緊急連絡先が用意されており、すぐにカードの停止、再発行の手続きをすることが可能です。

 

紛失、盗難にあった場合の手続きは2パターンあります

 

1 エポスNetからの手続き

エポスNetというエポスカード会員専用のネットサービスから、「紛失カードの利用停止と再発行のお手続き」が可能です。

 

2 電話での手続き

各国ごとに用意されている緊急連絡先に電話すると、24時間・年中無休、日本語でサポートを受けることができます。滞在している国によって連絡先の番号が変わるので、詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

>> 海外でのエポスカードの紛失・盗難のお問い合わせ

 

また紛失・盗難時は「お届け日を含め、61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害が全額補償」されます。

 

また、次で紹介する専用アプリで、カードを使うたびに通知がくるので、不正利用にあった場合もすぐに対処することが可能です。

 

↓エポスカード(VISA)のお申し込みはこちら

エポスカード

 

専用アプリで使った金額がすぐに見れる!

エポスカードには専用スマホアプリが用意されており、iPhone、Androidに対応しています。

 

専用アプリでは

・カードを利用したらすぐに日時・使った場所・金額が通知されます

・カードの利用明細が自動で電気・水道・携帯電話 などカテゴリ別に振り分けてくれて家計簿代わりになります

 

カードを使いすぎないか心配という方も、どこでいくら使ったかアプリですぐに分かるのは安心ですよね。

 

エポスカードのデメリットは?

ここまで海外で使えるエポスカードの魅力を紹介してきましたが、もちろんメリットだけではなく、デメリットもあります。

 

ポイント還元率がやや低め

他社のポイント還元率をうりにしているカードと比べると、ポイント還元率が0.5%とやや低めです。(ご利用金額200円(税込)につき1ポイント)

ただ、エポスカードで貯まったポイントは使い道がたくさんあるので、そこはメリットとなるでしょう。

 

エポスカードの交換先例:ANAマイル、JALマイル、スターバックスカード、dポイント、Pontaポイント…etc

 

↓エポスカード(VISA)のお申し込みはこちら

エポスカード

 

タイトルとURLをコピーしました