世界のクレジットカード事情

韓国へ行くときはカードと現金どちらがお得?それぞれの注意点

投稿日:2019年7月17日 更新日:

日本に最も近い国の一つである韓国は気軽に行ける旅行先として人気ですし、経済交流も盛んなのでビジネスで出張することも多いでしょう。

近い国であってもお買い物の支払いをどうすればいいか、なんてことは案外知らないもので、いざ旅行しようと思った時には、ちゃんとクレジットカードが使えるのか、現金をどれくらい持って行けばよいのか、両替はどこでしたらよいのかと不安になってしまいます。

そこで本記事では、韓国に行くときのクレジットカード、現金についてご紹介します。

韓国のクレジットカード事情

韓国はクレジットカードが非常に普及しています。

1997年にアジア通貨危機があり、韓国は破たん寸前まで追い込まれました。IMFに多額の貸し出しを受けたのですが、その際、財政再建策の一つとしてクレジットカードの普及を挙げました。クレジットカードを普及させて個人消費を増やそうとしたのです。

店舗でのカード取り扱いを義務化したり、年間カード利用額の一部を所得税から控除したりした結果、今ではクレジットカードの普及率は8090%と言われています。

韓国ではクレジットカードを使うのが当たり前になっているので、どこに行っても安心してクレジットカードを使うことができます。

ただし、屋台などではクレジットカードを使うことはできないので、そういった場所を巡る場合は現金も必要となります。

クレジットカードと現金、どっちがお得?

クレジットカードを使用するときに気になるのは為替手数料です。一方、現金は日本円から韓国ウォンに両替する際に両替手数料がかかります。

どちらで払うのがお得なのか、比較してみましょう。

まずクレジットカードです。

クレジットカードの為替手数料は国際ブランドによって違いますが、おおよそ1.6程度となっています。

10万円を使うとすると、

10万円 × 1.6% = 1,600

となります。

一方、現金はどうでしょうか。

両替手数料は3~8%が相場となっていますので、仮に一番低い3%で両替できたとしましょう。

10万円 × 3% = 3,000

が両替手数料となりますので、クレジットカードの方がお得ということになります。

現金はどれくらい必要?

クレジットカードがお得であることはおわかりいただけたかと思いますが、とはいえ、まったく現金を持たないわけにはいきません。電車代や小さな屋台では現金での支払いが一般的です。

滞在期間や目的によって金額は変わってきますが、一般的な旅行や出張であれば、1万円ほど韓国ウォンに両替しておけば十分でしょう。

ここで気になるのは両替場所でしょう。

一般的な感覚だと、旅行や出張する前に予め両替しておいた方が良いと考えがちですが、実は現地で両替した方がお得です。

両替需要の高い場所ほど手数料が高く、日本の空港や銀行は両替手数料が高く設定されています。日本の空港や銀行ほどではありませんが、両替を望む人が多い韓国のホテルや空港も両替手数料が高くなっています。

一番安く両替できるのは、繁華街にある公認両替所です。

ですので、できるかぎり公認両替所での両替を行いましょう。とはいえ、繁華街までの道のりで韓国ウォンを使うことも考えられますので、例えば、韓国の空港で2000円分両替して、残りを繁華街の公認両替所で両替するといったように、両替場所と金額を分けるとよいでしょう。

韓国でのクレジットカード使用の注意点

韓国で使えるカードブランドは、VISA、マスターカード、American Express、銀聯(ぎんれん)カード、JCBDinersDiscoverなどがあります。

他の国と違うのは、比較的JCBが使える場所が多いことです。JCBは日本のクレジットカード会社で海外に弱いのですが、日本人観光客や駐在員が多い韓国での提携店増加に力を入れています。

それでも、やはりVISAやマスターカードが主流ですので、どちらかは1枚持っていた方がよいでしょう。

クレジットカードで気を付けたいのは、ICチップの有無です。

すべてのお店ではありませんが、クレジットカードにICチップがないと利用できないお店があります。自分が所持しているクレジットカードにICチップがあるのか予め確認しておきましょう。

また気を付けたいのは、明細書です。

クレジットカードは差し出すだけで支払うことができて非常に便利なのですが、慣れてしまうと金額を確認し忘れてしまうこともしばしばです。

悪意がなくとも、互いの勘違いで金額を間違うことはあります。まして母国語が違う国ですので行き違いは少なからずあるでしょう。

ですので、ちゃんと毎回その場で明細を確認するようにしましょう。

特に韓国は、為替レートがおおよそ100 = 1000ウォンとゼロが一つ増えるだけなので、見間違いや勘違いが発生しやすいので注意しましょう。

まとめ

韓国は世界でも有数のクレジットカード普及率を誇る国ですので、クレジットカードの利用は問題なくできます。クレジットカードを使った方が手数料の面でも、ポイント付与の面でもお得になりますので、ぜひクレジットカードをメインにして韓国旅行や出張を楽しみましょう。

 

こちらの記事もおすすめ

>> 韓国留学におすすめなクレジットカードランキング【留学経験者の口コミ】

 

-世界のクレジットカード事情

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハワイのクレジットカード事情は?おすすめはVISAかMaster!JCBもあるとお得に?

日本人の憧れ「ハワイ」。 だれもが一度は訪れたい常夏の島ですよね。 ハワイへの渡航目的は様々… 癒し?自然?海? 何をするにも魅力的なハワイですが、忘れてはいけないのがショッピング! ハッキリ言います …

タイのクレジットカード事情は?おすすめカードブランドや使えるシーンを紹介

アジアの文化がギュッと詰まった国、タイ。 最先端のシステムのイメージはなかなかありませんが、クレジットカード事情はどうでしょう。 目次タイでクレジットカードは必要?普及率は低め?タイのおすすめクレジッ …

インドネシアの海

インドネシアのクレジットカード事情は?普及率は低め、おすすめはVISA・マスター

アジアのリゾートだけど少し遠出したい! そんな時に思いつくインドネシア。 バリ島はアジアンリゾートの代表格ですよね。 インドネシアは、5つの大きな島とその他小さな約17,000以上の島から成り立つ国で …

カンボジアのクレジットカード普及率は?おすすめクレジットカードや注意点を紹介!

世界遺産のアンコールワットが有名なカンボジア。 歴史を感じる建物も多く、魅力的な国の一つですよね。 実際行ってみてカンボジアの現状に少し驚きました。 観光地もそんなに整っている環境ではありませんが、ま …

グアムのクレジットカード事情は?おすすめカードブランドやカード利用の注意点を紹介

日本からほど近く、南国を楽しみたいなら断然グアム。 初海外でグアムを選ぶ人も多いのではないでしょうか。 私もその1人です。 日本人観光客も多く、日本語対応も多くて安心ですよね。 目次グアムのクレジット …