韓国に行ったことない私がコロナ禍でソウルへ長期留学を決めた理由。現地での生活や授業について

留学先:梨花女子大学

留学時期:2021年8月から2022年6月

性別:女

留学した年齢:20歳

目的:交換留学 歴史学

 

私は現在20歳で、2021年の8月から2022年の6月まで韓国に留学をする予定です。留学している地域はソウルで、梨花女子大学に在籍しています。専攻は歴史で、韓国の歴史、文化、日韓関係などについて主に学んでいます。どうして韓国への渡航経験がないのに長期留学をしようと思ったかなどについて書きたいと思います。

 

私が長期留学を決めた理由

一言で言うと、日韓関係について関心があったからです。日本の若者の間では、何年にも渡って韓流ブームが起こっているのにも関わらず、国同士では一向に友好関係を持つことが出来ていないことにもどかしさを感じていました。

 

漠然とした興味はあったものの、日本で学びたいとはあまり思いませんでした。日本で学ぶと、日本側の視点に立って学ぶことになるからです。それは反対も同じです。しかし、日本で生活を送ってきて、大体韓国に対する態度や視点は分かっているつもりなので、今度は反対のことを経験してみたいと思いました。韓国から見る日本はどのように映っているかを感じてみたいです。

 

普段とは違うコロナ留学

コロナ留学は普通の留学とは全然違います。いくつか大変なことを挙げたいと思います。

 

まず、費用面です。渡航するのに、PCR検査+英語の陰性証明書が必要です。これが安くても2万円くらいかかると思います。私が検査した時点では、安いところは、陰性証明書がデータのみでの発行や、していないところが多かったです。更に、渡航後2週間隔離をしないといけないので、私の場合、ホテルが12万円で、自分でゲストハウスを予約する人は、場所によりけりですが、そこそこかかります。

 

次に、今はオンライン授業が基本なので、自分から積極的に行動する必要があります。そうしないと、せっかくの留学なのに、1人で過ごすことになってしまいます。私も自分から誘うことや、今までしたことのないことをするのに抵抗がありましたが、みんなと仲良くなりたい一心で参加してみたり、自分から積極的に誘ってみたりしています。

 

留学中のお金について

ご存じの方も多いと思いますが、韓国は日本よりもキャッシュレス社会です。マクドナルドもタッチパネルで注文するスタイルが基本で、カードが必要になってきます。

 

もちろん現金でも生活することは出来ますが、カードの方が便利だと思います。私は、日本でクレジットカードを元々作って持っていたのですが、留学前にデビットカードを作成しました。デビットカードがあることで、海外の銀行で、まとまったお金を引き出す際に便利です。

 

私の場合、家賃を現金で払う必要があったのですが、大金を持ってくるのは怖いと思います。だから、現地でデビットカードを使用して引き出すことをお勧めします。韓国は比較的治安が良いと思うので、盗難などはそこまで心配ないと思いますが、カードの方が大金を持つよりも安心かと思います。

 

\韓国留学準備中の方は要チェック/

経験者に聞いた!韓国留学におすすめなクレジットカードランキングTOP3   >

 

韓国なのに使用言語は英語??

来てから驚いたことなのですが、韓国に来たのに韓国語を使用する機会がほとんど無いです。対面授業だったら、韓国人の学生と関わる機会もありますが、今は難しい状況です。

 

韓国語を使う機会は、授業とお店だけです。そもそも、留学生の中で、韓国語で授業を取っていることがとても珍しいので、友達との会話などは全て英語です。その上、オリエンテーションや、学校からの案内は全て英語です。留学生の中で韓国語を話せる人は少ないので、渡航前に英語の勉強をすることが大切です。

 

生活とごはんについて

私は基本、寮にあるキッチンで自炊しています。学校の近くにカフェやご飯屋さん、コンビニがありますが、節約をしたいのと、1回1回買うのが面倒なので、作り置きをしています。

 

気になる物価は、日本に比べてとても高いです。韓国は、ローカルなレストランは安いものの、基本、スーパーでのお肉、野菜、果物などは、高いです。なので、私は何軒かスーパーを周って買い物をしています。日本だったら、スーパーのはしごは数十円の差だから時間の無駄と思われがちですが、こっちではスーパーによって値段がまったく違うので、とても大切なことです。野菜、パン、お菓子、お肉など、用途ごとにどこでなにを買うかを決めて買うことで、節約につながっています。

 

\韓国留学準備中の方は要チェック/

経験者に聞いた!韓国留学におすすめなクレジットカードランキングTOP3   >

 

タイトルとURLをコピーしました