ドイツ駐在、赴任で使えるおすすめクレジットカードランキング【経験者の口コミ】

ドイツ出張や駐在に行く方は、「ドイツでクレジットカードは使える?」「おすすめのクレジットカードはどれ?」という方もいると思います。

今回はドイツ出張、駐在、赴任経験者にアンケートを取り、ドイツで使えるおすすめのクレジットカードをまとめたので、ご紹介します。

ドイツ出張、駐在、赴任のクレジットカードおすすめランキング

アンケートの結果から、ドイツ出張、駐在、赴任におすすめのクレジットカードランキングを発表します。

それぞれ、人気だった理由も交えて紹介しているのでぜひ自身にあったカードを探してみてください。

1位 三井住友VISAカード

年会費今なら無料(通常1375円)
最短発行翌営業日
海外旅行傷害保険あり(利用付帯)
ブランドVisa

ドイツでも使えるVISAブランドに加え、さらに海外保険も充実しています。現地の利用者にも評判が良いカードなので、迷ったらこの一枚を持っておくと安心でしょう。

 

お申し込みはこちらから

>> 三井住友VISAカード 

 

2位 楽天ゴールドカード(VISA)、楽天プレミアムカード

年会費で比較すると、楽天ゴールドカードは2200円、楽天プレミアムカードは11000円と一見すると高い印象ですが、それに見合った特典が用意されています。

特典の一つとして、空港ラウンジの利用があります。楽天ゴールドは年2回まで国内空港ラウンジの利用が無料(その他一部の海外空港ラウンジ)、プレミアムカードは国内&海外空港ラウンジを無料で利用できます。海外出張にいく頻度が多くラウンジを利用したい方にはおすすめのカードでしょう。

 

楽天ゴールドカード(VISA)のお申し込みはこちら

>> 楽天カード

 

楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら

>> 楽天プレミアムカード

ドイツ出張、駐在、赴任経験者のクレジットカード口コミ・感想

ドイツ出張、駐在、赴任経験者の実際に使用したクレジットカードの感想や体験談を紹介します。

フランクフルト/1週間/31歳/三井住友VISAカード

出張、駐在先:フランクフルト
期間:1週間(2019年12月)
当時の年齢:31歳
持って行ったクレジットカード:三井住友VISAカード1枚

 

カードを選んだ理由:普段最も使用しているカードだったからです。旅行代理店で聞いた際、VISAはドイツでも比較的使用できると聞き、持参することにしました。また、付帯特典として海外保険が付いていて、これ以外に海外旅行保険に加入していないため持参しました。

 

使った感想:百貨店では問題なく使用できました。比較的大きなレストランでもクレジットを使用することができ、少額ではなかったので助かりました。小さな路面店ではクレジット対応していないお店もあり、現金も持っていた方が安心かなと思いました。

 

お申し込みはこちらから

>> 三井住友VISAカード 

フランクフルト/1ヶ月/38歳/三井住友VISAカード

出張、駐在先:フランクフルト
期間:1ヶ月(2019年8月〜9月)
当時の年齢:38歳
持って行ったクレジットカード:三井住友VISAカード1枚

 

カードを選んだ理由:日本でも一番使っているカードでポイントを貯めているからです。海外保険はそれなりに充実しています。そして現地にいる知り合いにドイツで一番使えるカードだと言われていたので、このカードを持っていくことにしました。

 

使った感想:ドイツは現金しか使えないところが多くてちょっとした買い物やレストランでは使えないところがあり少し不便でした。しかしお土産を買うときや百貨店のような大きいお店では使えるところが多かったので持っていってよかったと思いました。

 

お申し込みはこちらから

>> 三井住友VISAカード 

デュッセルドルフ/1ヶ月/27歳/ライフカード、ニコス

出張、駐在先:デュッセルドルフ
期間:1ヶ月(2019年2月〜2019年3月)
当時の年齢:27歳
持って行ったクレジットカード:ライフカード1枚、ニコス1枚、計2枚

 

カードを選んだ理由:年会費が無料だったから。ニコスカードを作成した当時は大学を卒業したばかりの定職を持たない時期だったので、月の使用額上限が少ないが、審査基準が比較的低そうなものを選んだ。ライフカードについても同様だがポイントがついてそのポイントで何かちょっとしたものが買えるので今ではライフカードを中心に使用している。

 

使った感想:海外のサイトから飛行機のチケットを買う際大きい金額ということと、海外のサイトということで詐欺と判断され両者のカードともブロックがかかってしまいかなり困った。海外ではインターネット経由でしか連絡手段がなく、国際電話のかけ方もよくわからない。メールで連絡したが結局日本に帰った際に本人確認の電話をしてくださいとなり、現地で旅行会社に駆け込む羽目になった。ドイツでは土日しっかり休むので、ギリギリ平日に滑り込んでことなきを得たが、セキュリティがしっかりしすぎていることが裏目に出た。現在は、日本に帰った時に本人確認の電話といつも使うそのサイトを登録してもらい、そこからの買い物に関してはブロックをかけないよう設定してもらった。

 

ライフカードのお申し込みはこちら

>> ライフカード

 

ベルリン/6ヶ月/51歳/イオンカード(VISA)

出張、駐在先:ベルリン
期間:6ヶ月(2019年4月〜2019年9月)
当時の年齢:51歳
持って行ったクレジットカード:イオンカード(VISA)

 

カードを選んだ理由:国内にいた時にこのカードを作りましたが、近くにイオンがあったため、ときめきポイントが貯めやすくてよかったですし、年会費が無料なことやETCカードが無料で作れるのが重宝しました。ブランドがVISAでしたので海外でも使いやすいと考えました。

 

使った感想:ドイツでは多くの店舗が現金払いのみであるのがびっくりしました。せっかくクレジットカードを持っていたとしても使えるチャンスがないのが残念でした。しかし、デパートなどの大きなショップではVISAであれば使えたのでよかったと思います。

 

イオンカード(VISA)のお申し込みはこちらから

>> イオンカード(VISA)

ヴュルツブルク/3年/41歳/セゾンマスターカード、楽天カード(VISA)

出張、駐在先:ヴュルツブルク
期間:2017年〜現在
当時の年齢:41歳
持って行ったクレジットカード:セゾンマスターカード、楽天カード(VISA)

 

カードを選んだ理由:もともと10年以上前からセゾンカードを使用していた。セゾンは、ユナイテッド航空のマイレージを買い物で貯めることができ、年会費もリーズナブルなので、長年愛用している。楽天はゴールド会員なのだが、ゴールドカードの年会費が他のカード会社と比べると比較的安く、ECサイトでのショッピングポイントがたまるため。

 

使った感想:何年も前から使っているので、特に今回に限らず、旅行や出張で不便に感じたことは無い。今回特別、と言う気持ちは無いので、どこでもいつも通り使えて、オンラインで使用額などを確認できているので便利。年会費が無料ならより良いと思っているくらいで、不満は特になし。

 

セゾンマスターカードのお申し込みはこちら

>> セゾンマスターカード

 

↓楽天カードの無料お申し込みはこちらから

>> 年会費永年無料の楽天カード

ミュンヘン/1年半/42歳/楽天プレミアムカード

出張、駐在先:ミュンヘン
期間:1年半(2018年4月〜2019年10月)
当時の年齢:42歳
持って行ったクレジットカード:楽天プレミアムカード

 

カードを選んだ理由:海外旅行のサポートはもちろんのこと、空港のラウンジが無料で使えるプライオリティーカードがもらえたことが大きな理由です。また日本国内の空港から、空港までの荷物の宅急便無料サービスも付随していていたのでお得でした。

 

使った感想:ヨーロッパの空港でラウンジが無料で利用できたのは素晴らしかったです。空港によっては食事や飲み物がとても充実していました。一度だけオンラインで買い物する時に、決済がうまくいかずに困ったことがありましたが、それ以外は不満な点はありませんでした。

 

楽天プレミアムカードのお申し込みはこちら

>> 楽天プレミアムカード

コメント

タイトルとURLをコピーしました