コロナ禍でも満喫できたマルタ共和国での1ヶ月語学留学(28歳)

留学先:マルタ

留学時期:2020年11月~2020年12月

性別:女

留学した年齢:28歳

目的:語学留学

 

こんにちは!わたしは九州に住むアラサー女子です。今回、昨年行ったマルタへの語学留学についてお話したいと思います!

 

マルタ留学を決めたきっかけ

当時わたしは国家公務員を目指して、会社を辞め勉強生活を送っていました。その中で、英語の難易度がとても高いものでしたので、自己の英語力を上げたいと思い、留学を決めました。

 

しかし、世の中はコロナの最中。当時行くことのできた英語圏は、イギリスかマルタでした。マルタは聞き慣れない国名でしたが、調べてみると猫が多かったり海が綺麗だったりして、すぐに惚れ込み、マルタに決めました。

 

マルタでの生活

現地では、平日にスクールに通って英語を学んでいました。平日のスクール後や休日は、スクールでできた世界各国の友人たちと、観光や遊びにでかける生活を送っていました。

 

スクールでは、英語の文法や語彙など、基礎的なところをしっかり学ぶことができました。わたしが良かったなと思うことは、休日などに友達とたくさん遊べたことです!これは、とても楽しかったということもありますが、何より、英語のスピーキング、ヒアリング能力が格段に上がりました!そこで出会った友人たちは、ヨーロッパ圏の人たちが多かったですが、現在でも繋がっていて、たまに連絡をとっている素敵な繋がりです。

 

マルタの食べ物

基本的にはイタリアに近いので、食事もイタリアン系でピッツァやパスタが多かったです!ラザニアは安くて美味しくて大好きでした。パスティッチというパイも安くて美味しかったです。あとは、島国なので魚介も新鮮でした。

 

マルタで絶対に行くべき場所

マルタは、国全体がとても素敵でした!中でも、コミノ島のブルーラグーンは、水が本当に透き通っていて、船が空に浮いているようなぐらいでした。わたしは11月にマルタに入国しましたが、まだまだ泳げるほど暖かかったし、水着を持って来なかったことを悔やむほどでした。

 

次に、都市全体が世界遺産になっている、ヴァレッタという街。中には普通に住宅やレストラン、お土産屋さん、カフェなどがあり、とても賑わっていました。わたしは留学中に何度も訪れました。とても素敵な街でした。

 

それから、マルタ島の中部あたりにある、イムディーナという街。ここは、しんと静まりかえっていましたが、落ち着いていて、おいしいケーキが食べられるカフェもあり、魅力的な街でした。他にもたくさんのビーチがあり、水着を着てゆっくり出かけるのがおすすめです!

 

マルタの交通事情

マルタには、たくさんのバスが走っています。バスがとにかく便利で、回数券を買ってバスに乗っていました。タクシーもたまに使いましたが、タクシーのアプリでいつでもタクシーを捕まえられるし、料金も日本よりとても安くて便利でした。

 

語学力の変化

日々英語にしか触れない生活でしたので、英語に体が馴染んで、語学力は非常に伸びたと思っています。スクールの授業を受けるだけではなくて、現地で友人たちと活発に遊んだりしていたのが良かったのかなと思っています。

 

日本で用意していったクレジットカード、現地でのお金管理の問題など

推奨されているのは、世界で使えるVISAかMasterCard。ですが、わたしはJCBとAmexしか持っていなかったので、その両方を持っていきました。基本的には現金で生活をしていたのですが、留学後半はカードも使いながら生活しました。意外と、JCBのカードが使えて、便利だなと思いました。

 

こちらの記事もおすすめ

>> マルタ留学におすすめなクレジットカードランキング【留学経験者の口コミ】

 

マルタのコロナ事情

マルタでは、政府がきちんとしており、マスクをしなかったら罰金とか、何人以上での飲食、移動は禁止だとかが定められていました。また、バーやクラブもお店を閉めていて(当時は)、日本よりコロナの状況は安心できるものでした。

 

マルタ、とても美しくて暖かい、素敵な国なので、小さいですが、気になる人は行ってみて欲しいです。わたしもまた旅行で訪れたいと思いました。ただ、国自体は小さいので、2〜3ヶ月滞在すれば、国をめいいっぱい満喫できると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました