スイス留学で使えるおすすめクレジットカードランキング【複数の体験談あり】

スイスへ留学に行く際に持っていくクレジットカードに関して悩まれている方は多いと思います。「どのクレジットカードなら安心して使えるのか?」「自分にはどのカードが合っている?」など色々あると思いますが、ここではスイス留学を実際に経験した方にアンケートを取り、持参したクレジットカード、そのカードを選んだ理由、使ってみた感想をまとめました。

おすすめクレジットカードランキングも紹介しているので、留学前にカードを作る際ぜひ参考にしてみてください。

スイス留学のクレジットカードおすすめランキング

アンケートの結果から、スイス留学におすすめのクレジットカードランキングを発表します。

それぞれ、人気だった理由も交えて紹介しているのでぜひ自身にあったカードを探してみてください。

1位 三井住友VISAカード

年会費通常1375円
最短発行・お届け日数即日発行(カード番号のみ)。カード本体は最短2~4営業日で発送
海外旅行傷害保険あり(利用付帯)
ブランドVISA

 

↓三井住友VISAカードの無料お申込みはこちら

>> 18歳~25歳の方のためのポイント2倍カード 

2位 楽天カード(VISA)

年会費無料
最短発行・お届け日数1週間~10日前後でお届け
海外旅行保険あり(利用付帯)
ブランドVISA・Mastercard・JCB・American Express

↓楽天カードの無料お申し込みはこちらから

>> 年会費永年無料の楽天カード

3位 エポスカード(VISA)

年会費無料
最短発行・お届日数最短即日発行、受け取り可(マルイ店舗)
海外旅行保険あり(自動付帯)
ブランドVISA

エポスカードは海外旅行保険の自動付帯が魅力のクレジットカードですが、補償期間は1旅行につき最高90日間となっているので、3ヶ月以上の中長期留学に行く際は別途、海外保険に加入するなど検討してください。また世界で使えるVISAブランドで年会費永年無料、即日発行可能のカードなので出発前に急ぎで発行したい方にもおすすめです。

↓エポスカードの無料お申し込みはこちらから

>> エポスカード

 

スイス留学経験者のクレジットカード口コミ・感想

ここではスイス留学経験者の実際に使用したクレジットカードの感想や体験談を紹介します。

チューリヒ/1ヶ月/22歳/セディナカード

留学先:チューリヒ

留学期間:1ヶ月(2016年10月〜11月)

留学時の年齢:大学4年生22歳

持って行ったクレジットカード:セディナカード

カードを選んだ理由:一番は海外キャッシングができるカードを比較してセディナカードが手数料無料だということで発行しました。海外によく行く自分は、帰国後に手数料を払っていることに驚きました。なので海外キャッシング手数料が無料なこのカードを作りました。

使った感想:国際ブランドのVISAなので街中では安心して使うことができました。また、スイスは消費税など物価が高くすぐに手持ち金がなくなりましたので、海外キャッシングがあるこのカードでとても得しました。手数料が無料なので気にせずに利用できました。

チューリッヒ/8ヶ月/21歳/楽天カード(VISA)、AEONカード(VISA)、ANAカード(STUDENT)のマスター

留学先:チューリッヒ

留学期間:8ヶ月(2017年1月~2017年8月)

留学時の年齢:大学3年生21歳

持って行ったクレジットカード:楽天カード(VISA)を1枚、AEONカード(VISA)を1枚、ANAカード(STUDENT)のマスターを1枚、計3枚

カードを選んだ理由:楽天カードのVISAは楽天で買い物をする機会が多く、ポイントがためやすいことと、年会費が無料であることが決め手でした。AEONのVISAカードは年会費無料の家族カードで、海外からでも日本語サポートが受けられました。ANAカードのマスターも年会費が無料だからです。

使った感想:楽天カードのVISAは楽天で買い物をする機会が多く、ポイントがためやすいという点が現地の生活でも大きかったです。AEONのVISAカードは家族カードなので、大きな買い物や家族に頼まれたものの購入に利用しておりました。ANAカードのマスターは、VISAが使えない場合の予備、またマイルをためているので航空券の購入などに使っていました。

ヌーシャテル/1ヶ月/27歳/高島屋カード(VISA)

留学先:ヌーシャテル

留学期間:1ヶ月(2011年8月〜2011年9月)

留学時の年齢:社会人27歳

持って行ったクレジットカード:高島屋カードVISA1枚

カードを選んだ理由:

・年会費が無料だったため

海外保険に加入できたため

・留学準備に関する品物を高島屋で購入する機会が多々あり、高島屋で買い物をするとポイントが10%加算される後にお買い物券として使えるため

・留学後も頻繁に高島屋で買い物をすることが分かっていたため

使った感想:良かった点はVISAなので、どこでも使えて便利だったこと、週末は隣国に旅行することがあったが、主要都市に海外アシスタントデスクがあり、利用しなかったものの事前から安心できたこと、事前に日本国内で対応してもらったが、サービスマナーが良く心地よく利用できると安心したこと。不満点は特にありません。

ジュネーブ/2年半/28歳/三井住友VISA ゴールドカード

留学先:ジュネーブ

留学期間:2年半(2011年7月〜2013年11月)

留学時の年齢:28歳

持って行ったクレジットカード:三井住友VISA ゴールドカード

カードを選んだ理由:海外渡航(海外旅行)の際に多くのメリットがあったから。羽田空港のラウンジ利用や手厚い海外旅行保険、現地のATMでスイスフランも引き出すことができ、クレジット決済以外の利点も多かった。またポイント還元率も高くANAマイレージやキャッシュバック、ギフト券への交換も可能で使うほどにお得感のあるクレジットカードです。

使った感想:小さなスーパーからレストラン、高級ブティックに美術館とどんなシーンでも、またどんな額でも決済が可能でスイスフランというスイス以外では使うことのない通貨を財布に大量に溜め込むことなく生活できるという点で非常に使い勝手が良かった。

チューリッヒ/一週間/21歳/ライフカード(VISA)

留学先:チューリッヒ

留学期間:2019年2月10日から一週間

留学時の年齢:大学3年生21歳

持って行ったクレジットカード:ライフカード(VISA)1枚

カードを選んだ理由:海外でのショッピングが5%キャッシュバックされるため、保険補償最高2000万円まで使えることが大きかったから、年会費無料だったため、学生専用だったために使える金額がきめられていたので安心して使用することができた

使った感想:一番の利点は、ショッピングした際に5%キャッシュバックされたことが一番よかった。海外旅行の際の保険料が充実していたことなどいろいろ充実しているのに年会費が無料の点もいい点だと言える。マスターカードしか利用できない店があったりするのでそこでVisaが使えなかったのは不満点の一つである。

ローザンヌ/1年半/29歳/三井住友VISAカード、JCBカード

留学先:ローザンヌ

留学期間:1年半(2014年12月〜2016年6月)

留学時の年齢:29歳

持って行ったクレジットカード:三井住友VISAカード1枚、JCBカード1枚

カードを選んだ理由:前者は年会費が無料で、JCB以外のカードとしてVISAカードが必要だったから。ヨーロッパではJCBがあまり使えないことも加味して。後者は長年所持していること、このカードをメインにマイルを貯めているから。

使った感想:スイスはほぼどこでもカードが使えるので便利ではあったが、JCBを受け入れている店舗が少なかった。JCBでマイルを貯めているので、なるべくJCBを使いたかったが、VISAの方が使うことが多かった。そういう事情でスイス(ヨーロッパではほぼそうだが)ではVISAかMasterがあった方がいいと思う。また、ネットでの支払いは現地発行のクレジットでなければ受付されないこともあったので、そこは不便だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました