韓国語だけでなく英語力も伸びた!釜山留学での生活、語学力の変化

留学先:釜山外国語大学

留学時期:2019年3月~2019年7月

性別:男

留学した年齢:22歳

目的:語学留学

 

こんにちは。柏市在住の社会人です。当時は22歳で大学在学中に韓国の釜山外国語大学に2019年3月から2019年7月まで留学しました。留学の目的は語学力(英語+韓国語)を磨くためです。

 

留学前はどのくらいお金がかかるのか、現地で周りの人と上手くやっていけるか、生活環境など、多くのことが不安でいっぱいでした。

 

語学留学をしようと思ったきっかけはコミュニケーション力と韓国語、英語力を高めたかったからです。そんな私が実際に韓国に留学に行き、結果的にどの程度成長したのかを紹介していきたいと思います。

 

現地での生活、勉強

 韓国に着いてまず驚いたのが、現地の景色です。大学の周りはもちろん、釜山近郊は近代的で、町の歩道や景色が美しかったです。

 

現地に着いて最初はとても不安で夜も眠れないほどでした。夜中に不安で家族と電話をしたくなったり、日本語が話せる人と話をしたいなど多くの衝動に駆られていました。

 

そんな不安なまま語学留学が始まったわけですが、釜山外国語大学では思っていたより勉強がハードでした。出席率は70パーセント以上が基本で、中間、期末試験も70パーセント以上取れないと進級できません。

 

語学留学でもクラス分けがなされており、できる人は1級、初心者は6級などといった感じです。1クラス10名前後だったので、少人数で勉強をすることができました。私は6級からスタートし、基本的な韓国語の文法や政治、社会、文化に関わる勉強などを行いました。先生の後に続いて単語を発音したり、クラスメイトと声に出して練習をしました。

 

一番下のクラスでしたが、日本人以外にも様々な国から外国人が集まっており、英語で会話をしたりもできたので、韓国語と英語双方を勉強できました。また、下のクラスであっても皆の勉強に対するモチベーションは高かったです。

 

留学の持ち物、食べ物

 現地に行く前に様々なクレジットカード会社のパンフレットを取り寄せて、どこのカードが安心、セキュリティがしっかりしているか調べました。

 

私が選んだのは三井住友カードと、JCBカードの2枚です。どちらのカードもセキュリティがしっかりしているだけでなく、カード利用枠も100万円ほど用意して頂いたので、安心して留学ができました。月に4万円ほどカードで決済し、硬貨盗難防止のために役立てていました。また、両カードは海外に飛び立つ人に向けてカードを発行しており、現地でカードを使った場合、ポイントもたまるのでお得です。

 

\韓国留学準備中の方は要チェック/

経験者に聞いた!韓国留学におすすめなクレジットカードランキングTOP3   >

 

 

カードの他には常備薬としてビタミン剤や、精神安定剤などを持って行きました。ビタミン剤は疲れた際にいつでも飲めるように持って行きました。精神安定剤は現地での生活に慣れないときや急な不安が襲ってきた際に症状を和らげる目的で持って行きました。

 

 食事は特別なものを食べていたわけでなく、Eマートやコンビニなど釜山近郊のお店を利用していました。スーパーでもお買い物をし、とにかく自炊をするために安い野菜を買ったり、食料品を買ってやりくりしていました。また、お金に余裕があるときは友達とレストランなどに行き、割り勘などをしていました。現地の食べ物は日本とほとんど変わりなく、野菜やお肉も新鮮で美味しかったです。

 

語学力、価値観など

 最終的に毎日一生懸命勉強した訳ですが、その甲斐あって韓国語力ではTOPIK3級を取得することができました。最初は韓国語の会話もままならない自分でしたが、優秀な友達に恵まれていたこと、周りの先生の意識が高かったことなどから学力が向上しました。下の級でも慌てず、基本的な部分を固めて応用に移ったことで結果が出たのだと思います。何事も基礎は大事だと思いました。

 

 また、英語でも友達とやりとりをしていたので帰国後に受けたTOEICでは800点をマークしました。彼らとは日常に関することから、どんな目的でこの学校に来たのかなどをやりとりしました。英語と韓国語をどちらも磨けたことに大変感謝しています。また、お金と時間があれば行きたいと思っています。

 

 価値観については大学で異文化コミュニケーションを学んでいたこともあって、現地に行った際に様々な国籍の方と関わる大切さを学びました。例えば、日本人は引っ込み思案で恥ずかしがりですが、韓国人はもう少し積極的など、現地で交流を深めるにつれて日本人との違いを認識しました。また、アメリカ人などはもっと積極的だったので、彼らの姿を見て自分も積極的に性格を変えていきたいと思うようになりました。

 

以上が私の韓国での語学留学での体験談です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました