海外で楽天カードを活用しよう!保険の付帯条件、手数料についても紹介

クレジットカードは、海外への留学や旅行に欠かせないアイテムです。せっかくなら、海外旅行保険やキャッシングなど、機能が充実しているクレジットカードをつくりたいですよね。

 

高い還元率で有名な楽天カードは、海外での利用にも適しており、はじめて海外でクレジットカードを使おうと考えている人にとっても有効な選択肢になります。ここでは、楽天カードの海外利用について解説します。

ショッピングはブランドごとに異なる手数料と為替レートに注意

楽天カードは、海外でのショッピングに利用できます。国内での利用と同様、高い還元率でポイントがもらえるので、キャッシュレス決済が浸透している海外での使い勝手は非常にいいと言えるでしょう。

 

一方、海外でのショッピングには、国際ブランドによって異なる事務手数料が設定されています。

 

楽天カードの公式サイトでは、Mastercardが1.63%、American Expressが2.00%、Visaが1.63%、JCBが1.60%との記載があるので、事前に確認しておきましょう。

 

また、利用にあたっては外貨から円への換算レートが適用されます。換算レートは、現地で利用した際のレートとは異なり、国際ブランドごとに設定されている決済為替レートが適用されます。実際の請求額は、利用金額に為替レートと事務手数料が乗算された金額です。現地で見た値札そのままの金額ではないことを覚えておきましょう。

海外旅行保険は出国前の決済がポイント

楽天カードには、海外旅行傷害保険が付帯されています。この保険は、特別な申し込みは必要ありません。

 

一方、実際に保険を適用させるためには、定められた条件を満たすことが条件となります。その条件とは、旅行代金の全部または一部を、出国前に楽天カードで事前決済しておくことです。旅行代理店を通したパックツアーの支払いはもちろんのこと、電車やバス、タクシー、航空機など、公共交通機関の利用代金を一部でも楽天カードで事前決済しておけば、保険適用の対象となります。

 

利用金額に制限はないので1円以上の代金を事前決済していれば問題ありません。注意点としては、自家用車やレンタカー、ホテルの宿泊料金、空港利用税は対象外であることです。これらを事前決済したとしても保険は適用されないので注意しましょう。

 

また、出国後の決済はいかなる項目であっても対象外となるため「楽天カードで公共交通機関の料金を前払い」が保険適用のポイントです。

海外キャッシングは両替なしで現地通貨を引き出せる

キャッシュレス決済が普及しているとはいえども、海外でも現金が必要になるケースは多々あります。

 

楽天カードは、海外のATMで現地通貨を引き出せる海外キャッシングにも対応しており、両替の手間を省くことも可能です。楽天カードの海外キャッシングは、ATM手数料と利息の合計額が上乗せで請求されます。返済期間にもよりますが、両替手数料よりは安く済むケースも多いでしょう。キャッシングが利用できる国際ブランドは、Mastercard、Visa、JCBのいずれかです。American Expressは海外キャッシングに対応していないので注意しましょう。

 

海外では多額の現金を持ち歩くことに不安を覚える状況も多く、少額から引き出せる海外キャッシングは非常に便利です。一方、海外キャッシングはあくまでもキャッシング利用枠の中でのみ使える機能なので、事前に利用枠を確認しておきましょう。

楽天ゴールドカードとの違い

楽天カードにはさまざまな種類があります。ここまで紹介してきたのは、一般の楽天カードにおける特徴です。

 

グレードの高い楽天ゴールドカードや楽天ブラックカード、楽天プレミアムカードは条件や内容が異なる項目もあります。はじめて楽天カードをつくる場合は、一般の楽天カードか楽天ゴールドカードを選択するケースが多いでしょう。

 

ショッピングでの利用や海外旅行保険の適用条件、海外キャッシングの方法は、いずれも違いはありません。一方、還元率や付帯サービスには異なる点もあるので、比較検討の際には参考にするといいでしょう。

海外へ行くなら楽天カードをつくっておいて損はなし!

楽天カードは、一般カードであれば入会費も年会費も無料でつくることができ、海外での利用にあたっても使い勝手がいいという特徴があります。海外でのショッピングはもちろん、海外旅行保険も利用付帯で付いてきて、両替なしで現地通貨が引き出せる海外キャッシングも非常に便利な機能です。海外渡航の前につくっておいて損はないカードと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました