韓国留学に必要な準備、持ち物まとめ【短期〜長期留学まで】

韓国留学に行くことが決まっている人は、いざ準備を始めると、「留学ってなにがいるの?」「韓国に持っていったほうがいいものってあるの?」など初めてのことだけに戸惑うことがあるかもしれません。

そこで、今回は韓国留学の経験者に、留学に持っていったよかったもの・日本で用意しておいてよかったものを聞いてみました。

都市名や留学期間ごとにまとめているので、自分の留学先、期間に近いものから参考にしてみてください。

ソウル(Seoul)留学の準備、持ち物

ソウル/長期(3年)/女性/大学3年生20歳

留学先:ソウル

留学期間:長期(3年・2017年3月〜現在)

留学時の年齢:大学3年生20歳

 

役に立った持ち物、準備: 韓国留学に用意しておいてよかった持ち物はいくつかあります。一つ目は、です。韓国の薬局でも薬は買えますが韓国の薬は強いため副作用で体調が悪くなってしまうことがあります。日本の風邪薬や鎮痛剤、胃薬など一式持ってくると安心です。(女子の場合は生理用品も)二つ目は、食べ物です。簡単に作れるみそ汁やふりかけ、パスタソースなどがあると後から日本の味が恋しくなった時に役立ちます。小分けのお菓子なども現地で仲良くなった友達に配ったりするのに便利です!

ソウル/長期(1年)/女性/26歳

留学先:ソウル

留学期間:長期(1年・2010年12月〜2011年12月)

留学時の年齢:26歳

 

役に立った持ち物、準備:

生理用品(韓国は生理用品やトイレットペーパーが日本の3倍くらい高い) ?薬(韓国の薬は病院で処方される薬、市販共に強いため)

インスタント味噌汁やカレールー(韓国には味噌汁は売っていない、カレールーは日本の味と異なり口に合わなかった)

エコバッグ(韓国はエコが低く、エコバッグをほとんど見かけません。日本と同様、スーパーの袋は有料なのでエコバッグは必須)

靴下に貼るカイロ(韓国にもカイロはありますが、靴下や靴に貼るカイロがないので、冬は重宝します)

シャープペンの芯(韓国の物はすぐに折れてしまうため)

使い捨てマスク(韓国は布製が主で、紙製の使い捨てマスクを売ってるのをほとんど見かけないため)

折りたたみ傘(韓国の物は装飾が派手で重いため)

ソウル/長期(1年)/女性/大学3年生20歳

留学先:ソウル

留学期間:長期(1年・2017年2月〜2018年1月)

留学時の年齢:大学3年生20歳

 

役に立った持ち物、準備:

持って行って良かったもの… ノートパソコン。韓国の大学では必須だったため。日本の大学では無くても困りませんでしたが、韓国では講義の申請競争もあり、レジュメダウンロードからチーム発表のppt作成までとにかくパソコンが活躍します。韓国の環境で使えるものをよく確認して持って行った方が良いです。私はDELLにしました。

 

用意しておいて良かったこと… 韓国の口座に送金。以前韓国で新韓銀行の口座を作っていたので、そこに生活資金を送金しておきました。チェックカードというもので街中での支払いもできます。 とりたい授業を考えておく。申請時間の締め切りや方法についてとにかく念入りに確認します。とれなかった場合何をとるかなどを考えながら時間割を組みます。先に行っている先輩や現地の友人に積極的に相談することが大事です。 

ソウル(イデ)/短期(1ヶ月)/女性/高校3年生18歳

留学先:ソウル(イデ)

留学期間:短期(2015年2月〜2015年3月)

留学時の年齢:高校3年生18歳

 

役に立った持ち物、準備: エージェントを通さず直接連絡して入学の手続き等をしたので、エージェントを通すより安く入学する事が出来ました。ホームページより翻訳機を使用しながら入学申請をしたのですが困ることなく出来ました。 学生寮に住んだのですが、日本人の方と同じ部屋になったので韓国語の勉強にはならなかったです。 短期だったので日本の食材等は持って行かなかったのですが、現地でもそれほど高いわけでは無いので必要ないかと思います。 シャンプーや化粧品も韓国で買い、出来るだけ荷物を持っていかないようにしました。2月は雪も降り寒かったので、時期によっては衣類など用意して行くといいと思います。

ソウル/中期(5ヶ月)/女性/大学2年生19歳

留学先:ソウル

留学期間:中期(5ヶ月・2019年3月~2019年8月)

留学時の年齢:大学2年生19歳

 

役に立った持ち物、準備: 日本で携帯のsimを取っておくことです。長期滞在する場合、韓国の携帯番号が必要になる場面が沢山あります。韓国のsimに入れ替えることにより、出前を利用できたり、インターネットショッピングを利用できたり、便利です。しかし、韓国で携帯を新しく買うというよりは韓国のsimに入れ替えることをオススメします。単純に安いからです。自身の携帯を使ってsimロック解除は出来ますが、海外でのsimロック解除は出来ません。※日本でsimロックしなかった場合、料金が発生します。

ソウル/2014年3月/女性/40代

留学先:ソウル

留学期間:2014年3月

留学時の年齢:40代

 

役に立った持ち物、準備: 韓国にも100円ショップがあっちこっちにあるので、ちょっとしたものは手に入りますが、シャンプーや柔軟剤は香りの強い物が多く日本の物が使いやすいです。 花粉症の時期でしたので柔らかい箱ティッシュやマスクも持参しました。 授業中は携帯電話を鞄にしまっていたので、電子辞書を使っている人がいてとても便利そうでした。 宿泊場所としてコシウォンを選ぶ方が多いと思いますが、隣の部屋のTVの音が気になるため夜中にTVを見るときはイヤフォンを使用して周りへの配慮をしていました。

ソウル/長期(8ヶ月)/男性/20歳

留学先:ソウル

留学期間:長期(8ヶ月・2015年4月〜2015年12月)

留学時の年齢:20歳

 

役に立った持ち物、準備: 最初は、とにかく日用品と衣類、そして、現地での現金等だけしっかり管理して持って行けば良いと思っておりました。しかし、一番現地で痛感した内容としましては、やはりスマホの海外でもできるWiFiに加入しておくべきだったと思いました。WiFiの関係で一度日本に帰国しまして、新たに契約し直す形で、海外でも使用できるWiFi設定で臨む形になりました。やはりスマホが並行して一番の生命線であることに気付かされました。

ソウル/短期(1ヶ月)/女性/25歳

留学先:ソウル

留学期間:短期(1ヶ月・2012年3月~2013年4月)

留学時の年齢:25歳

 

役に立った持ち物、準備: 日本と電圧が違うので、韓国用のコンセントやバッテリーは最初に準備しました。あと、辛い物がやはり基本的に多いのでいくら辛い物が大丈夫でも日本の味が恋しくなる事もあります。韓国で日本の製品を買うにはとても高いので、日本からお味噌汁やお茶漬けの素をたくさん持って行って、辛い物に胃が疲れたら日本の味でホッコリ出来るようにしました。

大邱(テグ)留学の準備、持ち物

大邱/長期(1年半)/女性/大学2年生20歳

留学先:大邱

留学期間:長期(1年半・2015年8月?2016年2月、2016年3月?12月まで)

留学時の年齢:大学2年生20歳

 

役に立った持ち物、準備:

日本のお土産 留学では、日本に興味を持ってくれていたり、日本のことを全く知らない人に会うので、日本のものをプレゼントすると喜んでくれるし、仲良くなれて良かったと思います。

日本の薬 外国なので、食べ物や環境が自分の体に合わないことが結構あります。その時に、日本の薬を持っているだけで少し安心した気がします。

富川留学の準備、持ち物

富川市/1ヶ月/女性/高校3年生18歳

留学先:富川市

留学期間:短期(約1ヶ月・2016年7月21日~8月31日)

留学時の年齢:高校3年生18歳

 

役に立った持ち物、準備: 手続きとしてはエージェントを通した個人留学だった為必ず海外保険には入りました。何かあった時に全て自己負担になってしまうのはとても怖かった為実際には何もなく無事に留学が終わりましたが安心料?として契約しておくのは必須かと思います。また持ち物としては、ポケットティッシュと夏の時期の留学なら冷却グッズは必ず必要かと思います。日本のトイレのように完璧に清掃されているわけではない所がありトイレットペーパーの補充が十分にされていない所が多い為ピンチに遭遇してしまった時に備えて必ずポケットティッシュは持っておいた方が良いです。冷却グッズは自分がホームステイしたお家が田舎で滞在していた期間は真夏で日中でも38度など高温の日が続いていたにも関わらず部屋には冷房が完備されていませんでした。なのでそういう家庭もある事を頭に入れて体を冷やせる冷却グッズは必須かと思います。

富川市/長期(10ヶ月)/女性/大学3年生21歳

留学先:富川市

留学期間:長期(10ヶ月・2012年2月〜2012年12月)

留学時の年齢:大学3年生21歳

 

役に立った持ち物、準備: 私が韓国に留学した時に用意して良かったと感じたものは日本のお菓子です。韓国に留学をした時に、大学の寮で韓国人を含めて4人で暮らすことになりました。最初は韓国人のルームメートに話しかけるのも緊張しましたが、日本のお菓子をあげて話をすると日本についてやお菓子について話が盛り上がり、すぐに仲良くなることが出来ました。

新村(シンチョン)留学の準備、持ち物

新村/中期(5ヶ月)/男性/19歳

留学先:新村

留学期間:中期(5ヶ月・2019年4月〜2019年9月)

留学時の年齢:19歳

 

役に立った持ち物、準備: 韓国留学で準備しておいてよかったことやモノはたくさんあります。大きく分けて3つだと思うので紹介していきます。 1つは事前に少し韓国語を学習してから現地に渡ったことです。授業では文字から始めますが、実際の生活ではやはり韓国語が必要になるため英語や中国語のような話者の多い言語を習得していないのであれば韓国語を必要最低限勉強してから韓国へ行くことをお勧めします。 私の場合は韓国語の日常会話の本を購入して「〜ほしい」「〜が嫌だ」などのフレーズを覚えてから単語を覚えていきました。 2つ目は日本のカップラーメンやお菓子です。 現地でどうしてもあのお菓子が食べたいとなってもお菓子のために帰国することはなかなか難しいのであるといいです。 3つめは電子辞書です。 小さい電子辞書があると持ち歩きができるため、気になる単語があればすぐに調べることができます。

新村/6ヶ月/女性/24歳

留学先:新村

留学期間:中期(6ヶ月・2015年1月〜2015年7月)

留学時の年齢:24歳

 

役に立った持ち物、準備: 風邪薬や頭痛薬などの常備薬は、日本から持って行って正解でした。韓国国内でも薬は問題なく買えますが、アメリカなどの薬と同じく、かなり錠剤が大きいので飲みにくいものが多く、成分も日本語とは少し表記が異なるので、個人的には日本の薬の方が安心感がありました。常備薬なので、たくさんは必要ないため2箱づつの用意で半年の留学中は問題ありませんでした。

大田(テジョン)留学の準備、持ち物

テジョン/長期(1年)/女性/27歳

留学先:テジョン

留学期間:長期(1年・2019年3月〜2020年3月)

留学時の年齢:27歳

 

役に立った持ち物、準備: 生理用品は、日本のものを持って行きました。韓国では、トイレットペーパーもティッシュも生理用品もとても値段が高いと聞きます。実際韓国で生活してみたら、日本に比べて高いなと思います。それに生理用品の使い心地は、やはり日本のものが良いです。特に、夜用の大きいものはしっかりガードしてくれるので、備え付けのベッドを汚してしまわないかという心配もなく過ごせています。 

 

こちらの記事もおすすめ

>> 韓国留学におすすめなクレジットカードランキング【留学経験者の口コミ】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました