海外留学にキャッシュカードは使える?インターナショナルキャッシュカードについて

海外に留学する際に気になることの一つは、キャッシュカードが使えるのかどうかでしょう。長期の留学になればなるほど現金を使う機会が増えます。特にアメリカ等のチップ文化が根付いた国では、現金を持ち歩く必要がありますので、どうやって現金を調達するのかは懸念事項となります。

そこで本記事では、海外で使えるキャッシュカードについてご紹介します。

インターナショナルキャッシュカードとは

インターナショナルキャッシュカードとは、海外のATMで現地通貨を引き出せるキャッシュカードのことです。日本で現金を引き出すのと同じ感覚でお金を引き出すことができます。日本で開設した銀行口座に日本円を入れておけばいいだけなので管理も簡単です。

現金を引き出せるだけではありません。インターナショナルキャッシュカードの多くはデビットカード機能が付いています。そのため、お店での決済にそのまま使うことができます。預金残高に使用した分が即座に反映されるため、残高管理がしやすく、使い過ぎの防止にも役立ちます。

銀行口座に入金するだけなので手数料がかからないようにすることもできます。

例えば、留学している子どもにインターナショナルキャッシュカードを持たせているとします。日本国内にいる親が銀行口座に入金すれば、それだけで仕送りが完了します。海外送金のような手間はかからないですし、高額の手数料を取られることもありません。

金利の支払いが不要であることもメリットの一つでしょう。

クレジットカードでもATMで現地通貨を調達することができますが、その場合はキャッシングとなります。そのため、金利が発生します。後に返済しなくてはなりませんし、返済が伸びれば伸びるほど金利は高くなっていきます。

一方、インターナショナルキャッシュカードでは、自分の口座から引き出すだけなので手数料が取られるだけです。手数料が割高であることは後述しますが、キャッシングに抵抗がある人や金利計算に不安がある人にはこちらの方が良いかもしれません。

インターナショナルキャッシュカードのデメリット

非常に便利なインターナショナルキャッシュカードですが、メリットだけではありません。

まず、予定外の出費に弱いことです。

デビットカードやプリペイドカードと同様に、インターナショナルキャッシュカードも残高の範囲内までしか使用できません。

留学中に授業料や滞在費、食費などは想定していても、例えば、スマートフォンやパソコンが故障や盗難に遭い、急遽購入するような場面は想定していないでしょう。保険で損害額はカバーされるかもしれませんが、すぐに入金されるわけではありません。そうした時に、もし口座残高が足りなければ、すぐに必要なのに購入できなくなってしまいます。

手数料が割高になるのもデメリットです。

まずATMを利用手数料がかかります。おおよそ100200円程度で少ない額ですが、留学期間が長ければ長いほど利用回数も増えるでしょうし、結果として馬鹿にならない金額になってしまうことでしょう。

さらに為替・事務手数料もかかります。インターナショナルキャッシュカードの為替・事務手数料は4%程度です。こちらもATMから引き出す度に支払う必要があり、1万円引き出せば400円程度となります。銀行によって為替・事務手数料は違いがあり、低いものだと2%程度のものもありますが、それでも割高であることにはかわりありません。

以上の手数料の面から、気軽にATMを利用できるわけではないことは覚えておきましょう。

インターナショナルキャッシュカードだけで大丈夫?

メリットやデメリットを踏まえた上で、海外留学に持って行くのはインターナショナルキャッシュカードだけで十分か確認しましょう。

まず、手数料を比較しましょう。

上述したように、インターナショナルキャッシュカードは引き出しに少なからぬ手数料がかかります。1000ドルの買物をすると想定すると、事務手数料が4%とかかるので、40ドル(日本円で4000円、1ドル=100円と想定)もかかります。

クレジットカードで1000ドルの買物をする時にも手数料がかかります。VisaMasterの為替手数料は1.63%となります。ですので、1000ドルの買物でかかる手数料は、16.3ドル(日本円で1630円、1ドル=100円と想定)となり、インターナショナルキャッシュカードよりもかなりお得になります。

次に安全面で比較しましょう。

クレジットカードの犯罪というと、スキミングを思い浮かべる人も多く、不安に思う人も多いでしょう。それだけでクレジットカードは危険と考える人もいるのですが、スキミングはインターナショナルキャッシュカードに対しても行われるので安全性が担保されているわけではありません。

インターナショナルキャッシュカードはたしかに口座残高以上の被害はありませんので、防犯上有利と思われるかもしれません。しかし、補償がありません。被害に遭えばもうあきらめるしかないのです。一方、クレジットカードの多くには保険が付帯されており、不正使用についての補償もあります。安全面に関しては、クレジットカードに分があると言えるでしょう。

以上を踏まえると、インターナショナルキャッシュカードだけでは不十分で、やはりクレジットカードが必要になります。

まとめ

インターナショナルキャッシュカードは便利です。しかし、それ一枚で海外留学を過ごすには力不足といえます。

やはりクレジットカードをメインに据えて、予備の決済手段としてインターナショナルキャッシュカードを持っておくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました