留学のクレジットカード

海外留学に必要なのはデビットカード、キャッシュパスポート、それともクレジットカード?

投稿日:2019年2月4日 更新日:

海外に留学するときには、治安上の問題もあり日本のように多くの現金を持ち歩くことはほとんどありません。その代わり、利用するのがデビットカードやキャッシュパスポート、クレジットカードです。

クレジットカードについては国内でも利用している人が多いので、どのようなものか理解している人も多いですが、デビットカード、キャッシュパスポートの特徴を知っている人は少ないでしょう。

そこで本記事では、デビットカード、キャッシュパスポートの特徴の解説を中心にして、留学時におすすめの支払手段をご紹介します。

 

↓留学におすすめのクレジットカードはこちら

>> 留学で使えるおすすめクレジットカードを比較!【発行しやすさ・キャッシング・保険】

デビットカードとは?

デビットカードとは、銀行口座と紐づけられたカードです。お店で買い物をすると、その瞬間に口座からお金が引き落とされる仕組みです。そのため、口座に入っている金額以上は使うことができません。

デビットカードは必ず銀行口座と紐づいていることから、発行する際には銀行口座が必要となります。既にどこかの銀行口座を持っている場合はその銀行のデビットカードを即座に発行できます。口座を持っていない銀行のデビットカードを発行したい場合は、同時に銀行口座を開設する必要があります。

デビットカードにも、クレジットカードと同様に、VisaMasterJCBといったブランドがあります。VisaMasterは世界的ブランドでほとんどの国で使うことができますが、他のブランドでは使えない機会も多いので、留学先で使えるのか確認が必要となります。

また、デビットカードには、Plus」か「Cirrusのどちらかのネットワークに対応しています。海外には、たいていどちらかのネットワークに対応したATMがありますので、ATMの利用も可能となっています。

対象年齢も違います。クレジットカードが18歳以上から作れるのに対して、デビットカードは15歳(中学生を除く)から作ることができます。

キャッシュパスポートとは?

デビットカードは海外では一般的なのでまだ知名度がありますが、キャッシュパスポートをご存知の方は少ないかもしれません。

キャッシュパスポートは、プリペイドタイプの海外専用トラベルカードです。

銀行口座とは紐づいておらず、キャッシュパスポートにチャージした金額の分だけ利用することができますチャージの手間がかかりますが、盗難やカード犯罪といった万が一の時の被害額を少なくするといったメリットがあります。

キャッシュパスポートのブランドはMasterとなります。Masterであれば、世界中の様々な場所、お店をカバーしていますので、安心して利用することができます。

キャッシュパスポートでATMを利用することもできます。海外で現金が足りなくなることもありますので、ATMも使えるのは嬉しい機能です。

年齢制限はありません。子どもでも作ることができますし、上述の通りチャージ分しか使うことができないので、安心して子供に持たせることができます。

また、スペアカードが1枚無料で付いてくることも大きなメリットです。

キャッシュパスポートを紛失したり盗まれたりした場合のほとんどは、お財布も一緒に失くしていることでしょう。ということは、現金も失くしています。大変困った状況ですが、スペアカードがあれば、ATMを利用することができます。

もしもの時にも即座に対応できるという強みがあります。

使える通貨は日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル9つです。

>> 難しくない!キャッシュパスポートの簡単な使い方、入金方法などを紹介

デビットカードとキャッシュパスポート、どっちがお得?

デビットカードとキャッシュパスポートの特徴を見ていきましたが、結局どちらがお得に使えるのでしょうか。

利用する中で気になるのは手数料です。

まず入金手数料ですが、デビットカードは銀行口座への入金なのでATMを選べば手数料がかかりません。キャッシュパスポートはチャージ額の1%が手数料としてかかります。

海外ATMの利用手数料もかかります。デビットカードではブランド指定手数料(1.6%程度)+各銀行が設定している手数料(3%程度)=4.6%程度の手数料がかかります。加えて引き出し手数料がかかりますが、無料~200円程度となります

キャッシュパスポートでは4%の手数料がかかり、引き出し手数料は200円です。

手数料の差はありますが、ATMを使う回数を少なくするといった対策を行えば、それほど大きな差とはならないでしょう。

ですので、どちらがお得ということは言いづらいです。

留学にはクレジットカードがあればOK

大学生でも簡単にクレジットカードを作れる時代ですので、多くの人がクレジットカードを持っていることでしょう。クレジットカードがあるから、ほかのカードをわざわざ作りたくないという人もいると思います。

実際、留学にはクレジットカードがあれば十分です。

クレジットカードがあればチャージ不要で利用することができますし、VISAMasterであればほとんどの国で利用することができます。もちろん多額の現金を持ち歩く必要がありません。

デビットカードやキャッシュパスポートにないメリットでいうと、ほとんどのクレジットカードに海外旅行保険が付帯されていることです。ケガや病気、盗難、紛失といった不測の事態にも対応してくれますので、安心して留学生活を送ることができます。(長期留学の場合は、別途海外保険に加入することをおすすめします)

また、手数料はデビットカードやキャッシュパスポートと同程度かかりますが、クレジットカードは利用額に応じてポイントが付きますので、お得に利用できると言えるでしょう。

18歳以上でクレジットカードが作れるなら、無理してデビットカードやキャッシュパスポートを作る必要はないでしょう。

まとめ

デビットカードやキャッシュパスポートの特徴をご紹介しました。

クレジットカードがあれば作らなくても問題ありませんが、サブの支払手段として持っておくのも良いかもしれません。

-留学のクレジットカード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国留学におすすめなクレジットカードランキング【留学経験者の口コミ】

目次中国留学のクレジットカードランキング1位 三井住友VISAカード2位 JALカード navi(VISA)3位 学生専用ライフカード中国留学経験者のクレジットカード口コミ・感想北京/1ヶ月/35歳/ …

メキシコ留学(旅行)のクレジットカードおすすめランキング

メキシコ留学を考えている人、もう行くことが決まっている人、色々いらっしゃると思いますが、よくある不安の中でも「メキシコ留学にクレジットカードは必要?現金は?」「カードはどのブランドが使える?」などのク …

留学のお金事情!クレジットカードのキャッシングを使うシーンはどんなとき?

カード決済が主流の先進国に留学するときは、デビットカードやクレジットカードなどのカード類を作っていくのが基本です。これらのカードは銀行口座と紐付けられており、使った分が引き落とされます。 ただし、デビ …

オーストラリア留学におすすめなデビットカードランキング【留学経験者の口コミ】

オーストラリア留学に行く人の中には「オーストラリア留学にデビットカードって必要?」「どのカードが使えるの?」「クレジットカードとどう違うの?」など色々な不安があると思います。   ここでは、 …

インドネシア留学(旅行)のクレジットカードおすすめランキング

インドネシア留学を考えている人、もう行くことが決まっている人、色々いらっしゃると思いますが、よくある不安の中でも「インドネシア留学にクレジットカードは必要?現金は?」「カードはどのブランドが使える?」 …