世界のクレジットカード事情

オーストラリアのクレジットカード事情は?おすすめブランド、カードが必要な場面

投稿日:

一つの大陸で、都市によってさまざまな魅力があるオーストラリア。

ハネムーンや留学でも人気の国です。

オーストラリアではクレジットカードがほぼどこでも利用可能

そんなオーストラリアのクレジットカード事情はというと、とても使いやすい環境です。

ほとんどの施設で利用ができ、地元の人も普通に使っているため店員さんが支払いに手こずることもありません。

むしろ、日本よりクレジットカードを使うことが多く、ジュース1本でもカードを使うという状況をよく見ました。

日本人にとってオーストラリア旅行は、短期でいく距離ではないため現金を使うなると多額になりがちですよね。

しかしクレジットカードが使えれば、必要最低限の両替で済むため、とっても便利です。

また、留学先としても人気のオーストラリアは海外未経験の学生さんがいくことも多いですよね。

そんなときにもクレジットカードは大活躍。

クレジットカードがあれば、基本的には不自由なく暮らしていけると思って大丈夫でしょう。

オーストラリアで使えるおすすめクレジットカードはVISAかMaster

問題なくクレジットカードが使えるオーストラリアですが、やはりカードブランドは選んで行った方がいいです。

間違いなく多くのお店で使うことができるのは「VISA」と「マスター」

この2大ブランドはどこの国でも使いやすいです。

また、JCBも普及してきており、JCBカードを利用すると割引になったりするお店もありました。

私はこの3つのブランドのカードを1枚ずつ持っていき、ブランド指定で割引がある場合はそのカードを使っていましたよ。

JCBカードの割引制度はオーストラリアに限ったことではありません。

なかなかお得なので、1枚持っておくことをオススメします。

どのようなサービスがあるのかチェックしておくと便利ですよ。

その他ブランド「アメックス」や「ダイナース」も使えるところがあります。

しかし、やはり「VISA」「Master」ほど整っていないので可能であればこちらを持っていった方が無難です。

カードが使える場所と使えない場所

ほぼカードで支払っていると言っても過言ではないオーストラリア。

基本的には使える施設の方が多いですが、全てではありません。

日本のように、使える店では利用ブランドのマークが記されてるところもありますが、そうでない場合は一言確認してみるといいです。

使える場所

デパート、スーパー、ホテル、レストラン、お土産屋さん、コンビニ、ファストフード店などなど

日常で使う場所では、クレジットカードはほぼ使えます。

ゴールドコーストで衣類の買い物をした際にもカードで支払いましたが、なんの戸惑いもなく普通〜に会計をしてくれました。

また、コンビニやファストフードでちょっとした物を買うときも何も問題なくスムーズでしたよ。

使えない場所

屋台、バス、小規模のお店、外にある移動式のようなお洒落なドリンク店は現金のみでした。 やはり、簡易的な施設や小さなお店ではクレジットカード対応をしていない場所もあります。 また移動に使うバスも、現金もしくはプリペイドカードです。

日本と同じで、完全にクレジットカード社会ではないのでいくらか現金を待っている必要があります。

観光ビザ申請(ETAS)にクレジットカードが必要

オーストラリアに観光で行く時にはETAS(イータス)という観光ビザが必要です。

このビザは、旅行代理店でも取得してくれたりしますが簡単にオンラインで申請・取得ができます。

表記は英語ですが、内容は難しくありません。

名前や生年月日やパスポート番号など。

簡単に申請はできますが、ETASの申請にはAUD$20(20オーストラリアドル)の支払いが必要です。

この支払いこそがポイント。

支払い方法はクレジットカード払いのみなんです。

使えるカードブランドは、「VISA」「Master」「JCB」「アメックス」「ダイナース」の5種類となっています。

この時点でクレジットカードをお持ちでない場合は、ぜひ「VISA」か「Master」どちらかを作っておきましょう。

クレジットカードの入力が終わると申請は完了です。

すぐにOKとなるわけではなく、少し時間を要するので旅行前に余裕を持って早めの申請をして下さい。

ホテルのデポジットでクレジットカードが必要な場合も

ホテルによっては、「デポジット制」をとってるところもあります。

「デポジット制」とは、保証金のことです。

チェックイン時に「クレジットカード貸して」と言われ、フロントで渡すと、スタッフがせかせかとカード番号を控えます。

「え、なに?!ホテル代払ってあるよ?」 とはじめての時は焦りましたが、この「デポジット」でした。

宿泊代以外のホテルのサービスを利用した時や、破損などの保証のためなんです。

サービスを使ったときには、このカードか現金で支払いますし、サービスや破損がない場合はチェックアウト時に破棄してくれます。

ホテル側がチェックアウトの時にサービスや破損があった時、お客さんがお金を持っていなかった…という状況を避けるためです。

また、払わないまま逃げちゃう人もいるかもしれませんしね。

と、いうことでホテルのチェックイン時にクレジットカードの提示を求められることがあるため、カードは使わなくても持っていくのがマルです。

ちなみに、デポジットでカードがなかった場合、現金でも対応してくれる場合もありますが、なかなか高額。

そして手持ちのキャッシュが減るのは、これから観光するのにイタイですよね…。

他にもレンタカーでもデポジットを求められることも多いです。

クレジットカードと海外旅行保険

クレジットカードを持つメリットとして、「旅行保険」が付帯している点が挙げられます。

しかし、クレジットカードの種類と利用によって付帯サービスが全く異なるため注意が必要です。

「これ、保険ついてるから大丈夫!」と思っていても、いざ使いたいときに「利用対象外」となってるケースも…。

例えば、「その旅行の旅行代金をこのクレジットカードで支払っているか」や 「旅行保険付帯」となっていても「海外旅行保険には利用条件があります。」など。

お出かけ前に、お手持ちのカードを一度手元に並べてみてください。

確実に使えるものがクレジットカードに付帯していれば安心ですが、もし使えなさそうであれば別途通常に旅行保険に加入することも検討できますよね。

病気や怪我の保障も大切ですが、何かを盗まれた時などの盗難の保険も付けておくと安心です。

それぞれのカードの「旅行保険」についてしっかりと調べておくことをオススメします。

まとめ

オーストラリアのクレジットカードについては、日本と同じような感覚でいてOKです。

むしろオーストラリアのほうが利用率が高かったり。

小さなものでもサクッとカードを使って支払いできるのは、慣れない外貨を財布からアレコレ選ぶ手間が省けて助かりますね。

クレジットカードを持っていない!という方も大丈夫。

オーストラリアへ行く場合にはビザの取得が必須です。

そのビザはオンラインで簡単に取得でき、支払いはクレジットカードだけなので、どっちにしてもカードを作る事になります。

オーストラリア旅行を機にクレジットカードデビューしちゃいましょう。

ただ、小さい施設や屋台、バスなどは基本的に現金支払いです。

カードだけに頼らず、少額でも両替していくといいです。

ちなみに余談ですが、オーストラリアはかな〜りマイペースなお国柄。

バスの時刻も時間通りに来ることは少ないですし、お店の定員さんもかなり大雑把なことが多いです。

オーストラリアでの行動は、広い心で時間に余裕を持って観光することをオススメします♪

 

こちらの記事もおすすめ

>> オーストラリア留学におすすめなクレジットカードランキング【留学経験者の口コミ】

>> オーストラリア留学におすすめなデビットカードランキング【留学経験者の口コミ】

>> オーストラリア留学に必要な準備、持ち物まとめ【留学経験者に聞いてみた】

 

-世界のクレジットカード事情

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

韓国へ行くときはカードと現金どちらがお得?それぞれの注意点

日本に最も近い国の一つである韓国は気軽に行ける旅行先として人気ですし、経済交流も盛んなのでビジネスで出張することも多いでしょう。 近い国であってもお買い物の支払いをどうすればいいか、なんてことは案外知 …

カンボジアのクレジットカード普及率は?おすすめクレジットカードや注意点を紹介!

世界遺産のアンコールワットが有名なカンボジア。 歴史を感じる建物も多く、魅力的な国の一つですよね。 実際行ってみてカンボジアの現状に少し驚きました。 観光地もそんなに整っている環境ではありませんが、ま …

フィリピンのクレジットカード事情は?おすすめブランド、現金との使い分け方

常夏の国、フィリピン。 観光で行くとなると、セブ島など南国の楽園のようなイメージがあります。 しかし、そんな海沿いのリゾート地にはあまり地元の人はいませんね。 フィリピンなど、東南アジアの特徴として、 …

インドネシアの海

インドネシアのクレジットカード事情は?普及率は低め、おすすめはVISA・マスター

アジアのリゾートだけど少し遠出したい! そんな時に思いつくインドネシア。 バリ島はアジアンリゾートの代表格ですよね。 インドネシアは、5つの大きな島とその他小さな約17,000以上の島から成り立つ国で …

タイのクレジットカード事情は?おすすめカードブランドや使えるシーンを紹介

アジアの文化がギュッと詰まった国、タイ。 最先端のシステムのイメージはなかなかありませんが、クレジットカード事情はどうでしょう。 目次タイでクレジットカードは必要?普及率は低め?タイのおすすめクレジッ …